「インテリアプランナー」という資格を知っていますか?インテリアプランナーは、よく「インテリアコーディネーター」と混同されがちになる資格です。コーディネーター(インテリアコーディネーターやカラーコーディネーターなど、資格の名前になっていることもあります)がカーテンや家具などのインテリア(室内装飾品によって演出された室内空間を指すことが多いでしょう)のみの助言や提案であるのに対し、プランナーは住宅や店舗の企画、設計、工事監理などの建築士的な要素をより多く含んでいます。インテリアに関する知識と技術に習熟した専門家である事が必要で、望ましいインテリア空間のあり方を提案し、実現させることで人々の生活環境の向上に貢献する事を目指しているのです。インテリアプランナーの資格を取得するには、国土交通省所管の財団法人建築技術教育普及センターが開催している検定試験に合格して登録を受ける必要があります。平成21年度の合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)で見てみるとわずか24.7%と少なく、独学で合格している方もいらっしゃいますが、やはり専門のスクールに通って勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)された方が多いようですね。資格取得後の就職先は、住宅メーカーや販売店、リフォーム会社など住宅関連企業(がっちりマンデーで取り上げられると、好感度が上がる気がします)全般に及びます。また、建築業界でもインテリア設計の重要性が認められるようになってきています。最近では、建築計画の初期段階からインテリアプランナーが参加してプロジェクトが進められている例もありますので、今後は設計事務所などで活躍する機会も増えていくと思われます。インテリアや建築に興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)がある方なんだったら、楽しんで勉強していける資格なのではないでしょうかー